中島健人の平野紫耀の追い抜き方もあざとかった!?ドラマアカデミー賞の主演男優賞・読者票1位に

スポンサーリンク

Sexy Zone中島健人が「第105回 ザテレビジョン ドラマアカデミー賞」の主演男優賞の読者票1位に輝いた。

ドラマソング賞も読者票ではSexy Zone「RUN」が1位、作品賞も読者票では「未満警察 ミッドナイトランナー」が1位となっている。

最終的にはザテレビジョン記者票と審査員票で1位を獲得した堺雅人が半沢直樹で主演男優賞を受賞。しかし読者賞だけを見ると「未満警察 ミッドナイトランナー」でW主演した中島健人が1位、2位が平野紫耀となっている。

ただこの受賞でやや物議を醸してしまったのは、9月26日の中島健人の公式ブログ「KenTeaTime」の内容だ。

未満警察を振り返る中で、「おれも俳優として、アイドルとして、みんなと一緒に穫りたい金メダルはたくさんある」としつつ、「みんなの本気を見せてほしいの」と書いていた。

ドラマや主題歌を盛り上げたいという趣旨だったが、一部ファンからは「ドラマアカデミー賞のことだ」という声があがる。

前日にWEB投票中間結果で平野紫耀が1位だと明かされており、中島健人はランク外だった。その巻き返しを図りたいと推察したファンが多かったようで、SNS上でSexy Zoneファンが投票を呼びかけるようなツイートが相次いだ。

キンプリファンからは批判の声が上がったが、中島健人が投票を直接呼びかけたわけではない。

しかし結果として中間ではランク外だった中島健人が最終的には1位となったようだ。

あくまでもファンの誤解から生まれた騒ぎだと思うが、仮に狙っていたとしたら「あざとくて何が悪いの?」ということだろうか。

ファンの反応を見てみよう。

スポンサーリンク

中島健人が読者票1位