なにわ男子・道枝駿佑と森七菜にカラオケ密会疑惑報道!?真相を本人自ら説明

スポンサーリンク

先日一部メディアに報じられたなにわ男子・道枝駿佑と女優・森七菜とのカラオケ密会疑惑。2人は11月6日に全国公開される映画「461個のおべんとう」で共演している。

騒動の発端は10月20日発売の情報誌に掲載された森七菜とのエピソードで、道枝は「控室がカラオケボックスだった時があったんですけど、3人でカラオケしました」と明かした。

それを機に、サイゾーなどの一部メディアがツーショット疑惑などを報じ、話題となっていた。

事の真相は試写会イベントや31日放送の朝の情報番組のインタビューなどで明らかに。

朝の情報番組でインタビュアーから「森七菜さんとか同年代の俳優さん、たくさんいらっしゃいましたけど、どういうお話をされたんですか?」と聞かれ、道枝は「ライブハウスのシーンがあったんですけど、隣にカラオケがあってそこが控室だったんですよ。そこで森七菜ちゃんとか若林時英くんと一緒にカラオケしました」と説明。

そのときの様子を「ボクが歌い始めたら、時英くんが『よっ、甘い声!』とか言ってくるんですよ。」と語り、3人で盛り上がったようだ。

ちなみに道枝は米津玄師の「Lemon」を歌っていたという。

試写会イベントで井ノ原快彦が明かした様子では、最初は森七菜と若林時英の2人だったが、道枝が羨ましそうにその様子を見ていたので、井ノ原が「入っちゃえ」と背中を押して3人で歌うことになったという。

森七菜と若林時英が最初2人だったことも含めて、あくまでも控室。まったく道枝は密会疑惑にはあたらなさそうだ。

スポンサーリンク

道枝駿佑が森七菜・若林時英とカラオケで盛り上がる