キンプリ初の冠番組が寸前で消滅!?制作会社関係者の証言を東スポ報じる

スポンサーリンク

2020年末で活動休止する嵐。その冠番組の後継者はどのグループになるか注目されたが、最終的には櫻井翔の「1億3000万人のSHOWチャンネル」(日テレ系)と相葉雅紀の「VS魂(ブイエスだましい)」になると発表された。

事前に各メディアがKing & Prince最有力と報じてきた中、嵐のメンバーの継続に安堵の声もあれば、Jr.であるなにわ男子に全国ネット冠番組ができてKing & Princeに冠番組が無い状態に憤る声も多い。

11月10日、東スポは特に日テレはKing & Princeにこだわっており、初の冠番組が具体的に検討されていたことを報じている。

制作会社関係者の話として、日テレが「嵐にしやがれ」の枠に「ニノさん」を昇格させ、「ニノさん」の時間帯にKing & Princeの冠を作るプランがあったという。

確かにこのプランであれば、「嵐にしやがれ」の後継番組は嵐。さらにKing & Princeの冠番組もできる。

しかし最終的に櫻井翔の「1億3000万人のSHOWチャンネル」が決まり、このプランは完全に立ち消えに。

Snow Man・SixTONES・なにわ男子などのメディア露出が増える中、これまでメディアに多数出演していたKing & Prince平野紫耀の露出も減っている。

一体、いつになればKing & Princeの冠番組はできるのだろうか。

スポンサーリンク

King & Prince冠番組プランが消滅!?