嵐・大野智の作品にまで交際女性匂わせの文春砲!?タツノオトシゴ・パグの次は蓮の花か

スポンサーリンク

11月8日、嵐・大野智の作品展「FREESTYLE 2020」が最終日を迎えている。

六本木ヒルズ展望台 東京シティビューで行われている作品展には多くの嵐ファンが駆けつけ、「智のカレーパン」なども大好評だった。

大野智といえば、10月22日発売の週刊文春がシングルマザーで一般女性のAさんと数年間交際していたと報じ、11月5日発売の文春では複数の熱愛写真が掲載された。

さらに昨日11月7日には個人芸能プロダクションを設立したことがわかっている。

嵐・大野智が個人芸能プロダクション設立!?退所の可能性を日刊大衆報じる
11月7日、日刊大衆が嵐の大野智が個人芸能プロダクションを設立したと報じている。

そして作品展では文春報道と関連してあることが話題となっている。

それは「蓮の花の絵」に関することだ。

昨年、大野がデザインした「24時間テレビ 愛は地球を救う」(日本テレビ系)などではチャリティーTシャツなどに蓮の花が頻繁に登場。

また作品展でも蓮の花の絵が展示されている。

週刊文春によると、蓮の花は交際が報じられたシングルマザーAさんの子供の誕生花だといい、女性も蓮のタトゥーを入れているという。

大野智ファン以外はたまたまだと思うかも知れないが、過去に女性関連の作品が複数話題となっている。

2008年の作品集に掲載されたタツノオトシゴの絵には、当時熱愛報道のあった吉野公佳を意識したような「KIMIKA」の文字が。

また2015年9月の元女優・夏目鈴との交際報道では、女性の飼い犬だった黒いパグを描いて個展のグッズで販売していたこともあった。

それだけに、今回の蓮の華も彼女を匂わせていると思われているようだ。ちなみに花言葉は「離れゆく愛」だという。

話題となっている様子を見てみよう。

スポンサーリンク

大野智の蓮の花は交際女性を匂わせ!?