嵐の国立競技場に続き紅白のNHKホールも厳戒態勢か!?ファンが年末年始に渋谷に集まれば大騒動になる可能性も

スポンサーリンク

毎年恒例の年末に放送される「NHK紅白歌合戦」。嵐の出場はほぼ確実視されており、活動休止前最後のテレビとなりそうだ。

新型コロナウィルスの影響もあり今年の紅白がどのような形で実施されるかは不明だが、放送が延期・中止されたことは一度もない。今年8月にスポーツ報知はNHK関係者の話として「無観客、生放送を基本線にして行う予定」と報道していた。

懸念されるのはNHKホールの警備体制だ。

11月3日にオンライン配信される新国立競技場での嵐のコンサート「アラフェス2020」は無観客で、収録配信。

収録日は開示されていないものの、ファンが音漏れなどを目的に集まらないように周辺に延べ数千~1万人規模の警備体制を敷く予定だと週刊誌「女性自身」では報じていた。

NHKホールは年末年始にただでさえ混雑しそうな渋谷にある。センター街などからそれほど遠くもなく、12月31日の活動休止前の最後の嵐を見ようと押しかければ大騒動になる可能性もありそうだ。

紅白歌合戦は例年どおりNHKホールが濃厚。生放送が原則だが嵐は異例の収録か中継にして、その場所を厳戒態勢にすることも考えられる。

近く発表される紅白歌合戦の出場者。果たしてどのような形となるのだろうか。

スポンサーリンク

嵐の年末は紅白になるのか