スポンサーリンク

「うわさのキッス」が山口達也の事件を予言していたと話題に。TOKIOの複数の楽曲はお蔵入りか!?

シェアする

TOKIOの4人のメンバーが謝罪会見を行っても、未だに話題になり続けている山口達也の事件。

そんな中、ネット上で話題になっているのが今回の件とTOKIOの代表曲の一つでもある「うわさのキッス」を結びつける話だ。

東スポも「うわさのキッス」を始めとする複数の曲がお蔵入りになる可能性が高いと報じている。

以下、引用

「女子高生に無理やりキスをしたなどの強制わいせつの罪ですからね。例えば、TOKIOの3枚目シングルで、大ヒットした『うわさのキッス』を歌った場合、どうしても事件を連想させる。聴いた時に嫌悪感を抱く視聴者も多いでしょう。音楽活動を再開できても、音楽番組で披露するのは難しくなるというのが正直な感想ですね」(民放の音楽番組スタッフ)

グループのデビュー曲で、最大のヒットにもなった「LOVE YOU ONLY」(1994年)も同様だ。現在はメインボーカルを長瀬智也(39)1人が務めているが、当時は長瀬と山口がツインボーカルを担当。デビュー曲の歌詞に登場する「キスがしたいよ」は山口が熱唱していた。

「万が一、復帰した山口が『キスがしたいよ』の部分などを歌うとなれば、視聴者の反発は免れない。たとえ他のメンバーが歌うとしても、事件がチラついてしまうでしょうから。そういう意味でテレビ番組では『やめよう』とならざるを得ません」(前出のスタッフ)

引用東スポ

ネット上でも山口達也が「うわさのキッス」を地で行っていると話題になっているが、その内容を見てみよう。

スポンサーリンク

山口達也がうわさのキッスを地で行く!?