トラジャとHiHi Jetsに文春砲!?滝沢秀明へむき出しの言葉を報じる

スポンサーリンク

週刊文春デジタルが「ジャニーズ「HiHi Jets」や「Travis Japan」が口にした滝沢社長への”むき出しの言葉”」というタイトルでジャニーズの世代交代について報じている。

悪い論調ではなく好意的な内容なのだが、HiHi Jetsの髙橋優斗がLove-tuneが退所したタイミングで将来を悩んでいたという。

しかし滝沢秀明と距離が近く、そのタッキーがJr.の面倒を見るジャニーズアイランドの社長に就任。タッキーは後輩にデビューを先に越された経験があり、現在のJr.の歴も把握しているので、Jr.達の不安をわかってくれていると信頼の言葉を周囲に話しているという。

またTravis Japanの七五三掛龍也はLove-tuneのメンバーと仲がよく退所を考えていた時期があったものの、タッキーと話し合って事務所に残ったようだ。

その後、七五三掛は2019年4月に舞台「ハル」に出演している。

全体的に論調は現在の滝沢体制を持ち上げるような内容。それには賛否両論あるようだ。

その様子を見てみよう。

スポンサーリンク

滝沢体制の状況を文春報じる

ニュース
スポンサーリンク
シェアする
スマジョ | ジャニーズランキングを投票中