スポンサーリンク

チケット高額転売規制法の施行日が明らかに。ジャニーズチケットが取りやすくなるのはいつから?

スポーツやコンサートなどのチケット不正転売を禁止する法案が異例のスピードで可決した。法案は12月4日に衆議院で可決されると、12月8日未明には参議院本会議で可決となった。

ジャニーズ事務所・ファンを長年悩ませてきたチケットの高額転売。営利目的で購入されたチケットは当選後すぐにチケット転売サイトに出品され、定価の何十倍もの金額で取引されることも多々あった。

この上乗せされた金額はアーティスト側に入ることもなく、事務所もアーティストもファンも全員が不利益を被る事態が続いてきた。

東京オリンピックを前に超党派の議員で異例のスピード可決となったこの法案。施行日がついに明らかになった。

チケットの入手倍率も下がるタイミング。一体いつからなのか。

スポンサーリンク

チケット不正転売禁止はいつから?

立案した超党派の議員連盟によると、法律は2019年6月14日から施行されるという。

規制の対象は座席などが指定されたうえ、購入者の名前が券面に記されているスポーツや音楽といったチケット。これらのチケットをインターネット上も含め、販売価格を超える金額で転売を行う違反をすると、1年以下の懲役、または100万円以下の罰金が科される。

この法律が施行されるとどのくらいジャニーズチケットの倍率は下がるのだろうか。高額転売目的の購入者の数が不明なため具体的にはわからないが、当落開始から30分間で数百件のチケットが転売サイトに並び、即成立している現状を考えると大幅に下がるのは間違いなさそうだ。

本当のファンにチケット当選が出やすい環境に来年6月から一歩近づくだろう。

チケット不正転売禁止は来年6月から

 

ニュース
スポンサーリンク
シェアする
スマジョ | ジャニーズランキングを投票中