SMAP再結成を笹川会長が要望!?「パラリンピックまでの期限付きで」

スポンサーリンク

SMAPの再結成を日本財団パラリンピックサポートセンターの笹川陽平会長が公式ブログで呼びかけている。

パラリンピックまでの期限付きだが、来年のパラリンピック東京大会を何としても成功させたいという笹川会長の悲願でもある。

「夢の実現のために怨讐を忘れて」とSMAP解散に至る経緯について遠回しに言及もしている。

また「嵐や多くの心ある芸能人もテレビ局も、パラリンピックの成功のために国民と一体となり、小異を捨てて大同団結し、未来志向のオリンピック・パラリンピックが大成功に終わる。それが、私の夢である。」と強い気持ちを綴っている。

2015年のパラリンピックの「パラ駅伝」にはSMAP5人が参加。14,000人以上の大観衆を集めるなど異例の人気となった。中居正広はこの際に「これから(SMAPの)Pの部分をパラリンピックのPにしたい」と語るなど、熱い気持ちも見せていた。

果たして実現なるのだろうか――。

スポンサーリンク

SMAPがパラリンピックまでの期限付き再結成!?

ニュース
スポンサーリンク
シェアする
スマジョ | ジャニーズランキングを投票中