SMAP解散後初めて中居正広と木村拓哉が公開でやり取り!?匂わせ以上の内容にファンが感動

スポンサーリンク

2016年12月31日にSMAPが解散してから初めて、中居正広と木村拓哉がメッセージを送り合っていると一部ファンの間で話題となっている。

2人は解散時5人だったSMAPの中でも「つとぷ(ツートップ)」と呼ばれ、あまり売れなかったデビュー時からSMAPを引っ張ってきた。

また稲垣吾郎・草なぎ剛・香取慎吾の3人は2017年9月にジャニーズ事務所を退所。元SMAPチーフマネージャーが設立したCULENに所属している。

5人の再合流を望むファンが今でも大勢いる中、中居と木村がメッセージをやりあったとされるのは3月27日に放送された「ナカイの窓」(日本テレビ系)の最終回。

放送開始からの6年半を振り返った中居は「いろんなことがありました。あんまり具体的に自分の口から言えないこともありました。人間って、人って、思う通りに生きていくことができないことも改めて感じました。」とSMAPの解散騒動を示唆。

「再会を切に思うこともあります。何やってるのかな。どうしているのかな。長い長い付き合いをした仲間っていると思います。この『ナカイの窓』のメンバーだけじゃなくて、僕は切に思う再会、あるんです。僕はこの再会を切に願うために。たぶん見てる思うんですよね。」と明らかにSMAPメンバーとの再開を匂わせてもいる。

最後は「リミテッド、アンタッチャブルの再会を願って、乾杯」とSMAPメンバーでは無い名前を出してオチをつけたのは中居らしいが、話題となったのはその直後の木村拓哉のWeiboの投稿だ。

ジャニーズは日本ではSNSを禁止されているが、中国市場開拓のために木村拓哉と山下智久のみ中国版Twitterと言われるWeiboの使用が認められている。

そしてこの放送は23:59~24:54なのだが、中居の発言の直後、番組終了直前の24:50の木村の投稿が以下のとおり。

「yes!!!!」という投稿は、おそらく中居の「たぶん見てる思うんですよね。」という内容への返事だろうか。

また「I was so sweat」は「すごいアセった」という意味だろう。

「感動した」と解釈しているファンもいるようだが、タイミングも内容も含めて、明らかなのは中居と木村が公開でメッセージを送りあったこと。

さらに「ナカイの窓」のエンディングテーマには名曲「オレンジ」が流れたが、この後木村のWeiboの背景にはオレンジの空が設定されていた。

今年の退所については2人とも無いだろうと言われているが、実は今年の1月に「帰れマンデー見っけ隊!!」(テレビ朝日系)に出演した木村は気になるお告げを受けている。

占い芸人のアポロン山崎から「6月に新たなことがスタートする」と言われていたのだ。

中居と木村の契約更新決定が下されるのは6月。

あきらめムードが漂う中、期待する声も一部にはあるが果たして――。

スポンサーリンク

SMAPツートップがメッセージ!?