スポンサーリンク

NEWS加藤シゲアキと関ジャニ∞丸山隆平がカジノレストランに。「合法ですよ」と説明も懸念の声

6月3日に放送されたラジオ番組「SORASHIGE BOOK」(FMヨコハマ)の加藤シゲアキの発言が話題になっている。

加藤は未成年女性の飲酒の場に同席していたとして6月7日に厳重注意を受けたが、その数日前の放送だ。

7月からのドラマ「ゼロ 一獲千金ゲーム」(日本テレビ系)で主演を務めることに関連し、役作りの話に。リスナーからの役作りに関する質問に「もうすぐ撮影入るんで、それをやりながら」と話した。

そして先日、関ジャニ∞の丸山隆平から「いま飲んでるんだけど来ない?」と連絡があり、加藤が現地に出かけることに。そこがなんと「カジノレストラン」だったという。

「カジノレストランってなんか、ブラックジャックができる、みたいな。もちろん合法ですよ。合法のね」と説明しつつ、「丸山くんがやってて、『実は最近ここ見つけて、なんかハマってるんだよね。ブラックジャックに』って。そういうのやってこなかった人生でギャンブルを本当にやらないので、普段。釣りしかやらないので、いわゆるカジノ的なものにも行ったことなかったんですけど」と言いつつも、丸山に教えてもらったようで、「やりながら、自分のことが見えてくるっていう、人ってこういう時って、こうやっちゃうよな、みたいなことだらけで、図らずも役作りになったというか」と今回のドラマの役に立ったと喜んだ。

7月に加藤が主演を務めるドラマは、賞金1,000億円を賭け、知力・体力・時の運を試される特別なゲームに挑む物語。常に土俵際での心理戦で、時に仲間をも蹴落とすことが必須とされる壮絶なサバイバルゲームだ。

そういった意味では役作りにプラスになっただろう。

しかしカジノレストランは一般的にバニーガールとカジノゲームで盛り上がるようなシステムが多い。

VIP個室もあるため、他の一般客に直接バニーガールとの会話などを聞かれることはないかもしれないが、今回の騒動もあっただけにファンからは懸念の声も聞こえてきている。

スポンサーリンク

加藤シゲアキのカジノレストラン通いに懸念も