関ジャニ∞錦戸亮の脱退・退所を事務所関係者が昨年暴露していた!?「メンバーを守れるのはエイターだけです」

関ジャニ∞錦戸亮の脱退・退所の話で昨年9月に一部ファンの間で騒動になった出来事がガセではなかった可能性が出てきた。

それはTwitterアカウント「滝沢を守りたい」の存在だ。

元々「滝沢演舞城」を名乗っていたそのアカウントは、タッキー&翼の解散が発表された同日に「滝沢を守りたい」にアカウント名を変更。変更したタイミングは解散発表の前後定かではない。

事務所関係者を名乗るそのアカウントは同日「残念ながら関ジャニに関してはすばるだけでなく2019年4月にもう一つ動きがあります。メンバーを守れるのはエイターだけです。大人の事情で才能あるJの若者が潰されるのをこれ以上見たくありません。どうかお願いです。滝沢秀明を潰さないでください。」とツイート。

これが当時は関ジャニ∞が解散するのでは?と話題となった。ただ「すばるだけでなく」とついているので、1名脱退を示唆していたものと思われる。

かなりの勢いで拡散し、このアカウントは話題になったものの同日中に「楽観視してましたが思いのほか早く個人特定されてしまったようです。多くの質問をいただきましたが残念ながらリプは控えます。明日以降、わたしもJ発展のため尽力しますので応援よろしくお願いします。才能ある若者たちを使い捨てする事務所にはさせません。」とツイート。

そしてその直後にアカウントが凍結されるという状況となっていた。明日、週刊文春はジャニーズでタレントの退所が相次ぐようになった背景を報じるようだが、関連性があるかもしれない。

また、このツイートは4月としていたが、錦戸亮の脱退を週刊文春が3月にすっぱ抜いただけの可能性もある。

昨年このツイートが原因で関ジャニ∞解散の噂まであったが、そこまではいかないと信じたいが――。

スポンサーリンク

「滝沢を守りたい」のアカウントは本当だった!?