NEWS手越祐也の文春砲をジャニーズ事務所が認めて異例の謝罪。トニトニまでも排除

スポンサーリンク

5月13日に週刊文春が報じた手越祐也の疑惑。

記事では新型コロナウィルスで自粛を呼びかけられている中、手越が複数の女性を呼び、飲み屋でキャバクラ手越を開催しているというものだった。

証拠となるLINE画面も記事では公開されていた。

同日夜に手越は公式ブログを更新。「俺は色んなこと勉強してるよーこの時間を利用しない手はないからね」「日本人は特にSNSやネットの誤情報に騙される人多いから、俺は俺のものさしでしっかり判断できるようにいろんなジャンルの勉強してて楽しい!」などと記載し、多くのファンは文春砲を否定しているものだと考えていた。

これまでジャニーズ事務所では手越関連の報道はスルーだったが、なんと15日にジャニーズネットで報道を認めて謝罪。手越もほぼ事実を認めたというから滝沢体制の効果なのだろうか。

13日に「Smile Up!Project」の一環で発表されたCDデビュー済みの15組総勢76名による期間限定ユニット「Twenty★Twenty」チャリティーソングのメンバーからも外すこととなった。

これに多くのファンは衝撃を受けているようだ。

その様子を見てみよう。

スポンサーリンク

手越祐也が文春砲を認める