スポンサーリンク

永瀬廉と神宮寺勇太の不仲説がファンの間で話題に。問題の動画はガチに見えるも不仲ではないと思う理由

デビューを来週5月23日に控えるKing & Princeのメンバーだが、このタイミングでメンバーの不仲説がファンの間で急浮上している。

不仲説の発端は5月16日にオープンした東京原宿の「King&Prince SWEET GARDEN」に訪れたメンバーの様子。ファンクラブ会員限定として動画で配信されたのだが、一部シーンがTwitterなどで拡散している。

問題の場面は、メンバーが自らの写真が飾られているスペースを見学するシーン。永瀬廉が自分の写真を見ていると、背後から神宮寺勇太が強引に永瀬を手で突き放し、自身の写真の元へ。

永瀬は「おぅおぅおぅ」と焦った様子で後ろによろけてしまった。それを見たリーダーである岸優太が心配して永瀬に駆け寄り、体をいたわる様子に永瀬も「大丈夫」と答えているのだが、岸の表情はかなりこわばっていた。

ちょうど永瀬と神宮寺の2人は、5月18日に2019年公開予定の映画「うちの執事が言うことには」で共演することが発表されたばかり。

この映画が発表されたタイミングで神宮寺は「花穎役がメンバーの永瀬廉なので、普段から本人に優しく接してみたり、冷たく接してみたりして、役づくりをしています」とコメントしている。

不仲説がファンの間で広まった直後だけに、もしかしたらフォローするためのコメントだったかもしれないが、ファンの間では過去の不仲を裏付けるような動画が複数出回っており、今でも物議を醸しているようだ。

関西ジャニーズJr.から上京した永瀬廉は元々、東京組と上手くいっていないのでは?と心配するファンも多くいた。それだけに今回の騒動が広がっているのだろう。

しかし今月だけでも2人は5月5日のSexy Zoneのコンサートや翌日6日のクリエでも揃って見学しているところを目撃されている。さすがに不仲な2人が2日続けて見学にいくだろうか?

映画の撮影は5月17日からなので、この2日は合間を縫ってというわけでもない。

今回の動画については神宮寺のコメント通り、役づくりの一環のように思えるが――。

スポンサーリンク

2人の不仲説に関する声