スポンサーリンク

北山宏光が大好きなカレーパンが売り切れ続出。北山担のパワーにカレーパン協会も動く

普通にスーパーやコンビニに売られているカレーパンに異変が起きている。

事の発端は5月20日に福岡で開催されたキスマイのコンサート「Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2018 Yummy!! you&me」でのMC。

北山宏光が突如、カレーパンの宣伝をしだしたのだ。

北山が大好きだと話したのはヤマザキのロングセラーである「カレーパン」。ヤマザキが自家製の熟成カレーにこだわり続けて約40年という歴史を誇る定番のものだ。

こんがりと揚げられたサクサクの衣と生地に包まれた濃厚で風味豊かなカレー。パンとカレーはどちらも外国で生まれたものだが、カレーパンの発祥は日本だという。

ヤマザキパンによると、子供からお年寄りまで幅広い世代のお客様に食べていただきたいという想いから、”やや甘口”に仕上げているという。

そしてTwitterなどで「カレー」と打つと「カレーパン北山」と表示されるほどに。

しまいにはカレーパン協会もこのブームに乗っかりだしている。

SMAPファンが動き出すと大きな経済効果が起きるという”スマノミクス”が話題となっているが、その後輩でもある北山宏光の経済効果も驚くべきもの。

実際にコンビニやスーパーからカレーパンが売り切れる事態は全国で起きているようだ。

スポンサーリンク

北山宏光の効果でカレーパンが売り切れ続出