スポンサーリンク

キンプリがついに嵐を超える。年間CDシングル売上でも嵐を超えるジャニーズグループとなるか

5月23日に発売されたKing & Princeの「シンデレラガール」のCD売上が5月26日時点で54.6万枚(オリコン調べ)を突破。

嵐が今年2月に発売したCDシングル「Find The Answer」の初動売上39.5万枚をすでに超えており、嵐のデビューCD「A・RA・SHI」の初動売上55.7枚を超えるのもほぼ確実となった。

放送中のドラマ「花のち晴れ」の主題歌で毎週流されることから累計売上もまだまだ伸びるだろう。

ちなみに2018年のオリコンCDシングル売上ランキングでは、現時点で1位乃木坂46「シンクロニシティ」125万枚、2位AKB48「ジャーバージャ」116万枚、3位欅坂46「ガラスを割れ!」100万枚に続く4位で男性トップにランクイン。

男性2位は嵐「Find The Answer」43万枚、Hey!Say!JUMP「White Love」31万枚と続く。

とはいえ今回の「シンデレラガール」については5形態(初回限定盤A・Bと通常盤、UNIVERSAL MUSIC STORE限定のK盤・P盤)が発売され、しかも初回封入特典で「トーク&ハイタッチイベント」の応募券が付いていたことも驚異的な売上の要因の一つではあるだろう。

しかしジャニーズグループの中でも近年、嵐のCDシングル売上を超えるグループは出ておらず、異例の売上であることには間違いない。

他のグループのファンからキンプリに担降りするという声も相次いでいるようだ。

スポンサーリンク

キンプリが嵐超え

ニュース
スポンサーリンク
シェアする
スマジョ | ジャニーズランキングを投票中