KinKi Kidsが解散や不仲の噂に地上波初言及。しかし過去の堂本光一の発言には批判の声も

スポンサーリンク

12月7日深夜放送の「Count Down TV」(TBS系)のARTIST FILEのコーナーにKinKi Kidsの2人が出演。ファンの間で噂となっている解散説について言及する一幕があった。

10月に堂本剛のファンクラブ会報の内容が話題に。剛が「自分のやりたいことができる人生を歩んではこなかった」「客観的に自分を見たとき、かわいそうだなって」「ジャニーズだからっていうような概念は第三者が勝手に提供してくれるもの」「第三者が作った概念におつき合いすることに対して意味を感じなくなってしまった」などと心境を吐露したことで解散の噂に拍車をかけていた。

KinKi堂本剛が解散か退所を示唆!?会報で「第三者が作った概念に意味を感じない」「やりたい人生を歩んでこなかった」
10月にファンに届いている最新のKinKi Kidsのファンクラブ会報『[Ki]×3』の内容が波紋を呼んでいる。

番組では2人にとってのKinKi Kidsを問われた際、光一がカメラが回っていない場合、自然体の2人はほとんど会話もなかったりすると、「どこからともなく、『仲が悪い』『解散か』と言われる」と騒動に言及。

剛も「2人は本当に多いんですよ。仲悪くしたい人と解散させたい人」としつつ、「(解散)しませんよ、仲悪くないですよと言っても、ちょっとでも楽屋とかで全然喋ってないと、どこかの第3者が『なんか最近仲悪い』みたいな」と解散や不仲説を否定した。

光一はKinKi Kids解散かといった記事に”レコード会社○○関係者”という記載があることが多いことに「連れてこいそいつ!」とツッコんでいた。

しかし実は光一は過去に解散をジャニーさんに相談していたことを明かしたことがある。

「日経エンタテインメント!」2017年1月号の連載コラム「エンタテイナーの条件」でSMAPの解散に触れつつ、「正直、(KinKi Kidsを)辞めたいなと本気で思ったこと、ありました」と告白。当時社長だったジャニーさんに解散を相談していた時期が、遠い前ではないと明らかにしていた。

結局考え方が変わって解散しなかったとしているものの、一時ファンは騒然となっていた。

この時の騒動を知っているファンからは、光一の発言に批判もあるようだ。その様子を見てみよう。

スポンサーリンク

KinKi Kidsが解散を否定