スポンサーリンク

木村拓哉が「SMAPで」と言わなくなったことに不安の声も。昨年メンバーが退所を発表した運命の6月

この1ヶ月ほど、毎週SMAPメンバーの匂わせが話題になっていた木村拓哉がパーソナリティを務める「木村拓哉のWhat’s UP SMAP!」(TOKYO FM)。

6月22日の放送では、番組冒頭のハガキで雨の日に聴きたいヤル気の出る曲として木村は「雨上がりの夜空に」を選曲。続いてペンネーム”人狼さん”からの「梅雨の時期の髪の毛の気をつけますか?」という質問に「髪の毛に気をつけたりは一切しない」「撮影用にひげを残している」と話した。

筋トレの話題では、突如スタッフが「ビリーズブートキャンプ」のDVDを持ち出し、木村は「懐かしいね、ビリーさん」と喜んだ。

下着の捨て方について、「海外旅行でバイバイ候補を持っていき、滞在先でバイバイしてくる」といい、最後にはビキニの選び方についてリスナーからの質問に答えていた。SMAPの楽曲は今週は「ダイナマイト」を選曲している。

どの話題もSMAPのメンバーを彷彿とさせるものの、今週は直接匂わせる箇所は少なかったようだ。

そしてファンの間で懸念の声があがっているのがSMAPの楽曲を流すときに、ここ最近「SMAPで」とつけなくなったこと。

昨日22日には木村が百貨店のそごう・西武イメージキャラクターに起用されたことが発表されキレキレダンスが話題になったが、昨年稲垣・草なぎ・香取の3人が退所を発表した6月中旬~末にかけるこのタイミングでの発表は一体何を意味するのだろうか。

スポンサーリンク

6月22日放送のワッツ

ニュース
スポンサーリンク
シェアする
スマジョ | ジャニーズランキングを投票中