スポンサーリンク

香取慎吾がSMAPの華麗なる逆襲を堂々と匂わす。椎名林檎のライブに降臨

シェアする

5月17日に東京のNHKホールで開催された椎名林檎の全国ツアー「ひょっとしてレコ発2018」。そこに香取慎吾が現れ、その後のインスタへの投稿も含めて話題になっている。

東京のNHKホールでの公演は16日・17日と行われていたが、すでに16日には株式会社CULENの稲垣吾郎・草なぎ剛・香取慎吾より、花が届いており話題となっていた。

椎名林檎と言えば、SMAPに「華麗なる逆襲」の楽曲提供をしていることはSMAPファンなら当然知っているが、「華麗なる逆襲」にSMAPが再結成する姿を重ね合わせるファンも多く、思い入れも強い楽曲だ。

この日のコンサートでは椎名林檎は華麗なる逆襲を歌う前に「SMAPでーす!」と観客席にいる香取慎吾の前で叫んだ。また照明の演出にもこだわる椎名林檎はこの時、ステージのライトも5色にしたようだ。

このエピソードだけでも嬉しいが、さらに香取慎吾は直後にInstagramを更新。

椎名林檎のライブでは旗をファンが振って応援する姿が特長的なのだが、香取慎吾は旗を持っていなかったことを残念がった。

そして最大の匂わせは「華麗に旗をふりたかった」とコメントしたこと。

SMAPの華麗なる逆襲=再結成をファンが望んでいることは当然知っているだろう香取慎吾のコメントに希望を持ち続けるSMAPファンからは喜びの声が多数上がっている。

スポンサーリンク

香取慎吾が華麗なる逆襲を匂わせ