スポンサーリンク

亀梨和也が台湾ロケの裏話を語る。タメ旅+の初回放送のサーバダウンにファンを気遣う様子も

シェアする

5月12日に放送されたラジオ番組「KAT-TUN 亀梨和也のHANG OUT」(FM NACK5)で、亀梨和也が5月3日から動画配信サービスParaviで放送が始まった「KAT-TUNの世界一タメになる旅!+」のロケの裏話を語った。

同番組は5月3日の午後11時半から配信が始まったものの、配信してすぐにサーバがダウン。想定以上のアクセスがあったようで、公式Twitterも謝罪のツイートをしている。

この日、ラジオでリスナーからサーバダウンについて触れたコメントがあると、亀梨は「そうだったんだ?」と知らなかったようで、「大丈夫だったんですかね?」とファンを気遣っていた。

また次回放送予定の台湾での「危険生物駆除」のロケについて、「大変なんだよ。タメ旅+ということで、いろいろなことがプラスになっているみたいなんで。心して挑みたいなと、思うんですけど」とかなりハードスケジュールであることを明かした。

台湾ロケは1泊2日、その後すぐにドラマの撮影のようで「怒涛の、ワケのわからない」とかなり大変なようだ。

タメ旅+の次回の放送は5月18日。5月3日から15日後となり、ファンからは毎週の配信を望む声もあるが、同時にハードスケジュールを心配する声も多い。

スポンサーリンク

ハードなスケジュールに驚きの声も