スポンサーリンク

櫻井翔に丸山隆平が錦戸亮との大ゲンカを告白もエピソードに疑惑の声も!?角煮事件とは

シェアする

5月5日に放送された「サタデープラス」(毎日放送)で嵐・櫻井翔と関ジャニ∞・丸山隆平の初対談が放送された。

同番組はメインMCを関ジャニ∞の丸山隆平が務めており、映画「ラプラスの魔女」の主演を務める櫻井翔の対談が放送された。これまで櫻井が司会を務める音楽番組や嵐の番組に関ジャニ∞が出演したことは多数あるが、一対一での仕事は今回が初めてだという。

そこで番組では「意見が分かれた時、どうやって解決する?」という話題に。櫻井が「メンバーとのもめ事は多数決で解決する」と明かし、嵐の中ではケンカが無いと話した。

一方、丸山は関ジャニ∞では「1回ありました。ボクと錦戸で」と告白。

丸山が「お弁当の角煮を食った、食ってないで結構なケンカになりましたね。一個だけ拝借しようとして角煮食べてたら、亮ちゃんが『肉がない』って、角煮って言われたら俺ってわかるけど、ちょっとして『ごめんそれ俺やわ』と言うと、『取るのは言いけど、聞いた時にすぐ謝らなあかんやろ』となって、『別の角煮をとってくればいいやん』と言うと、『そういう問題ちゃうやろ!!』」とヒートアップしたという。

安田章大が「角煮でケンカすんな」と止めに入って収まったようだ。

番組ではこのようなストーリーになっていたのだが、何度もこの場面のストーリーを聞いているeighterからは丸山が「それ俺やわ」と言ったというのを聞いたことが無いという声も出ている。

錦戸視点だと、弁当に角煮が入っていないことに気付き、キレ気味に角煮を探していたところ、角煮弁当ではない丸山の弁当に角煮を発見。

それを見つけた錦戸が「その角煮、どないしたん!?」と追求。丸山が「知らん、別に悪いことしてないし」ととぼけていたためケンカに発展したという内容だった。

過去に丸山は当時の状況を「怖かった」「バレたら怒られる。でも認めたら、もっと怒られると思った」と、しらを切った理由を明かしていた。

語るメンバーによって語る視点が変わっているだけなのか、もしくは関ジャニ∞メンバーがいないことをいいことに、やや都合の良い内容に丸山が作り変えてしまったのだろうか――。

スポンサーリンク

角煮事件に関する声