ジャニーズJr.と直接会える方法をあのメンバーが明かしてしまう!?列の増加に懸念の声広がる

スポンサーリンク

ジャニーズJr.に直接会えるというコアなファンしかわからない方法を昨年12月に関西ジャニーズJr.末澤誠也が明かしてしまい懸念の声が広がっている。

実際にその後、その方法を試そうとするファンが増えたという声も聞こえてきた。

その日、ラジオ番組「関西ジャニーズJr.のバリバリサウンド」(FM OH!85.1)にはAぇ!groupの末澤誠也、正門良規、小島健が出演。

クリスマス直前だったためエピソードをメンバーで語りあったのだが、ほとんどのメンバーはコンサートなどの出演が多いものの末澤は「俺は逆に舞台多いから。それこそ舞台のときは“受け取り”とかあったりして、ファンの子とそれこそクリスマスにしゃべったりするから」と発言。

正門と小島は舞台経験が少ないのか「すげえ」「めっちゃいい」と共感。

さらに末澤は「そのときにサンタさんの服着て行ったりとか。クリスマスっぽくして行って」とプレゼントをもらえるのが嬉しいようだ。

さらにその流れで12月25日の末澤誠也が主演する舞台「キオスク」の宣伝をしていた。

このような場合、出待ちというよりも列で仕切りと呼ばれるトップが基本的に存在し、通称:オリキと呼ばれている。

会場や自担に迷惑をかけないように、列を整列させたりなど気を使っているようだ。

「列」「受け取り」などジャニーズならではの用語や文化が存在していると言われるが、さすがに公に認めているかの印象を与えるのはまずいだろう。

公共交通機関での出待ちは明確にNGが出ているが、舞台に関してはグレーゾーンかもしれない。しかし数多くのトラブルもありコンサート含め、昨今はNGだとする風潮が広まりつつある。

そんな話を公にしてしまった末澤にはファンから苦言が出ているようだ。その様子を見てみよう。

スポンサーリンク

列について末澤誠也が明かしてしまう