「ジャニーズ事務所に圧力なしと認定」がトレンド入りも闇を感じる人が続出!?元SMAPへの独禁法問題

スポンサーリンク

7月17日の21時のニュースで公正取引委員会がジャニーズ事務所に独占禁止法違反の疑いで注意したとNHKがスクープし話題となったが、その後ジャニーズ事務所は圧力を否定。

以下のようにコメントを発表している。

弊社がテレビ局に圧力などをかけた事実はなく、公正取引委員会からも独占禁止法違反行為があったとして行政処分や警告を受けたものでもありません。とはいえ、このような当局からの調査を受けたことは重く受け止め、今後は誤解を受けないように留意したいと思います。

事実を取り上げると元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人は2017年9月にジャニーズ事務所を退所。

地上波のレギュラー番組は退所と同時のタイミングで香取の「SmaSTATION!!」(テレ朝系)が終了。

半年後には香取の「おじゃMAP!!」(フジテレビ系)、草なぎの『「ぷっ」すま』が終了した。

今年3月には稲垣の「ゴロウ・デラックス」(TBS系)も終了し、レギュラーは「ブラタモリ」(NHK)で草なぎのナレーションを務めるのみとなっている。

TV局側の忖度も大きいと見られているが、キー局にレギュラーは無くなってしまった。

そんな中、事務所がコメントを発表した直後にTwitterではハッシュタグ「#ジャニーズ事務所に圧力なしと認定」がトレンド入り。

すぐさま登場した不可解なハッシュタグに闇を感じる人が多いようだ。。

その様子を見てみよう。

スポンサーリンク

ジャニーズ事務所に圧力なしと認定

ニュース
スポンサーリンク
シェアする
スマジョ | ジャニーズランキングを投票中