スポンサーリンク

平野紫耀の「ビジネス面白」、神宮寺勇太の「全然面白くない」発言が炎上も全文を読んだらニュアンスが違った

明日5月23日にデビューするKing & Princeの平野紫耀の2年前での雑誌のインタビュー発言が炎上している。

この発言は2年前に平野紫耀が初座長を務めた舞台「ジャニーズ・フューチャー・ワールド」の開幕を前にした雑誌の特別企画。

平野紫耀の他、神宮寺勇太、岩橋玄樹、岸優太の4人のスペーシャルトークとして1ページに渡るインタビューが掲載された。

そこで炎上の元となった拡散されている発言は以下のとおり。

果たして真意はどうなのだろうか?ただインタビューの全文を読むとニュアンスが違ってくる。

スポンサーリンク

発言の真意は?

このインタビューではまず、座長である平野が「毎回舞台で何をチャレンジするか悩みますよね。九州男児の子たちが小さくて、あんなかわいい子なのにガッツリ踊るから負けないようにしないと。」と最初に意気込みを語ると、岩橋も「仲良くやりたいけど、負けたくないよね。」と同調。

そして岩橋が「負けないようにしないと。九州の子たちはもちろん、関西のJr.にも。」と関西ジャニーズJr.の名前がここで初めて上がる。平野が「関西はうるさいよ?」と言うと、岸が「向井(康二)くん、うるさいよ!」と続ける。

この「うるさい」というのは文脈上、決してネガティブな表現ではない。岸はその後、「以前Sexy Zoneのコンサートで関西乱入してきて、その時おされまくって」と続けており、舞台上でのトーク力を評価するニュアンスだ。

岩橋は「おれ、持ってたマイク、岸くんに渡したもんね。」と続け、関西ジャニーズJr.勢にトークでは完敗だったのだろう。

そして今回切り取られている平野の直前の発言が神宮寺だ。

「でも逆に温度差出したほうがいい気がするんですよね。冷静に、東京の面白さ、ツッコミ…とか強い感じで。どう?中間の名古屋出身者としては?」

一部では平野が普段から強い方に付いているかのように捉えられているが、あくまでも、今回切り取られた発言は「舞台上での演出論」に過ぎない。それに続けて平野と神宮寺の先ほどの発言となる。

平野の「(関東か関西か)面白い方に乗って行きますよ」というのはあくまでも面白い演出ができている方に舞台上で臨機応変に対応すると言ったのに過ぎないだろう。

また誤解されやすい言葉だったかもしれないが、最も炎上している「関西の子はビジネス面白(ビジネス上面白くしていること)だから、そこまでうるさくない」と言ったのは、関西ジャニーズJr.が舞台上の演出として盛り上げており、演出力が高いと評価していると解釈できる。

初座長という重責もあり、ここで平野が関西ジャニーズJr.を本気で下げるような発言はしないだろう。それこそ舞台が上手くいかなくなる。

神宮寺の「大吾、全然面白くないんですよ」というのは、強いツッコミを演出したほうが良いと考えている神宮寺ならではのツッコミだと思うが、一緒に飯に行くほどの仲なだけに、あくまでもツッコミのつもりだったのだろう。

最後には平野・神宮寺・岸・岩橋に加え、宮近海斗・森本慎太郎・西畑大吾で言った御飯屋さんにあった小さな舞台で岸がずっとお笑いコーナーをやっていたことを、平野が「言うて、面白くなかったですけどね(笑い)。」とオチをつけて終わっていることからも、本気で言っているわけではなく、あくまでも面白かったことの裏返しで、ツッコミの一環のように全文を読むとそう思える。

先日も永瀬廉と神宮寺勇太の不仲説が話題となる動画が出回った。

永瀬廉と神宮寺勇太の不仲説がファンの間で話題に。問題の動画はガチに見えるも不仲ではないと思う理由
デビューを来週5月23日に控えるKing & Princeのメンバーだが、このタイミングでメンバーの不仲説がファンの間で急浮上している。 不仲説の発端は5月16日にオープンした東京原宿の「King&Prince SWEET G...

一部の行動や発言が切り取られて炎上することが増えているが、デビュー前の話題になりやすい時期なだけに有名税とも言えるのだろうか――。