スポンサーリンク

キンプリ・平野紫耀が関ジャニ∞と共演。「ペコジャニ∞!」で天然炸裂

6月11日の夜10時から放送された「ペコジャニ∞!」(TBS系)にKing & Princeの平野紫耀がゲスト出演。

ドラマ「花のち晴れ」の番宣では「明日(6月12日)放送の第9話ではボクが演じる神楽木晴、音、天馬、めぐりんの四角関係を揺るがす大事件が発生いたします。明日22時から見てください!」としっかりPRした。

今回のテーマは「夏バテ予防!スタミナ満点肉料理対決!」で肉食カリスマ・夏木マリとミートソルジャー・寺門ジモンの肉料理対決の審査に参加。

番組では村上信五が「どれくらい量、食べれるの?平野くん」と質問すると、平野は「ボクは3枚くらいですかね」と回答。

これにはスタジオから「何が3枚?」と失笑。横山裕が「ステーキ3枚食えるってこと?」と助け舟を出したが、平野は「でもステーキだったら食べれるかも」と応え、錦戸亮から「かも?」ツッコまれるなど、今回も天然炸裂だった。

夏木マリから食べても太らないラム肉の丸焼きを進められる際には、ジブリの映画「千と千尋の神隠し」の声優を務めた夏木マリが「これを選ぶんだよ!」と湯婆婆のように圧力。

平野の前に夏木マリが料理を運び「紫耀どうだい?」とまたも湯婆婆風にプレゼンすると「みずみずしいですね。輝いてますね」とコメント。これには村上信五から「ラムで聞いたこと無い。ラム×みずみずしい」とツッコミが。

運命のファイナルジャッジは夏木マリの「ラムのショートロイン」、寺門ジモンの「和牛タンシチュー」。ジャッジを務めた5人のうち、ジモンを選んだのが3人、関ジャニ∞・夏木を選んだのが2人。結局平野はこの料理を食べることができなかった。

しかし平野は夏木マリを選んでいたため、「紫耀ありがとうね」と最後まで湯婆婆キャラを貫き、平野は「食べてみたかった」と僅差の判定を悔やんでいた。

スポンサーリンク

平野紫耀と関ジャニ∞が共演

ニュース
スポンサーリンク
シェアする
スマジョ | ジャニーズランキングを投票中