スポンサーリンク

Hey!Say!JUMP岡本圭人が衝撃告白。上智大学を留年ではなく退学させられていた。

シェアする

Hey! Say! JUMPの岡本圭人が上智大学を退学していたことを告白し、ファンから驚きの声が上がっている。しかも自主退学ではなく、退学させられていたことにショックを受けているファンも多い。

以下、引用

新緑の季節を迎え、大学のキャンパスは新学期のオリエンテーションや新歓コンパで賑わいを見せている。しかし、Hey! Say! JUMPの岡本の姿はそこにはない。岡本は2012年4月、上智大学国際教養学部に入学。それから6年が経つが、この3月の卒業式に岡本の姿がなかったことで、「“3留”したのではないか」と報じられたが、実は留年ではなく「退学していた」のだと明かした。

岡本は一呼吸置き、まっすぐ前を向いて続ける。

「昨年夏、実家に大学から1通の書類が届きました。その封を開けた父(元・男闘呼組で俳優の岡本健一・48才)からの電話で、大学を『退学』になったことを知りました。父とは芸能活動を始める際に“必ず大学まで卒業する”と約束していましたし、ジャニー(喜多川)さんも入学を喜んでくれていました。それなのに退学になってしまって…。父や事務所のかたがた、メンバー、ファンのみなさんにも心配をかけてしまい本当に申し訳なく思っています」

引用NEWSポストセブン

スポンサーリンク

Twitter上の反応