Hey!Say!JUMPファンの暴走・マナー問題。メンバーから「あー、まじうぜぇ」「今のままではライブができない」

スポンサーリンク

ジャニーズのFC会員数がKinKi Kidsを抜き、嵐・関ジャニ∞に続く3番手となったHey!Say!JUMP。

Hey!Say!JUMPのFC会員数がKinKi超え!?ジャニーズ3番手のグループに
Hey!Say!JUMPのFC会員数のナンバーがKinKi Kidsを超えたことがわかった。これで嵐、関ジャニ∞に続くFC会員数を持つグループとなり、2位の関ジャニ∞を猛追している。

ファンが急増しているが、一方で一部ファンのマナーが問題となり、たびたびトラブルが報じられており、メンバーからも苦言が相次ぐ事態となっている。

昨年は新幹線を遅延させる行為やコンサート中に銀テを略奪するために他のファンに飛び乗るなどの問題が話題となった。

Hey!Say!JUMPコンサートで銀テをめぐったトラブルが相次ぐ。飛び乗りして略奪する「飛びっ子」も
8月31日から始まったHey!Say!JUMPのアリーナツアー「Hey!Say!JUMP LIVE TOUR SENSE or LOVE」。12月からは4大ドームでのツアーも開催されることが発表され、ファンから歓喜の声もあがった。
Hey!Say!JUMPのコンサート後にファンが新幹線を遅延させる問題が発生。キンプリの教訓も活かされず
10月7日に朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンターで行われたHey!Say!JUMPのコンサート後にメンバーが帰る新幹線でファンが問題を起こしていたことがわかった。

新幹線を遅延させた昨年10月の行為に八乙女光はブログで「新潟からの帰りの東京駅、マナーの悪い人が多かったです」「メンバー全員本当に辛いし、寂しいです」と悲しい訴え。

さらに昨年11月にはコンサートでメンバーの薮宏太が「今のままではライブができない」「今日は新幹線ではない方法で帰る」と宣言。そして後日、八乙女光はブログで「バスで帰ったので身体が痛い」と苦痛を訴えた。

今年に入っても1月の福岡コンサートではHey!Say!JUMPファンの行動が問題に。空港でメンバーを出待ちしていたファン20人ほどがマネージャーに向かって「山田どこだよ」「なんか言えよ」「使えねぇ」などと暴言。

その様子を目撃したメンバーの中島裕翔が「あー、まじうぜぇ」とつぶやいたという目撃情報まで飛び出していた。

実は空港だけでなく、機内でも先に降りようとファーストクラスに乗っていたメンバーに一部ファンが迫ろうとエコノミークラスから客室乗務員の制止を振り切り接近する事態もあったという。

メンバーからの苦言も収まらない一部ファンの暴走。週刊女性2019年2月26日号では留学中の岡本圭人の学校に来て、座り込んだり、騒ぎ出すファン6~7人の問題について特集をしている。

2020年末で嵐が活動休止をした後、下の世代のHey!Say!JUMPがジャニーズを代表していく存在になっていく可能性が高い。そんな代表するグループのファンとしてマナーについては気をつけてもらいたいものだ。

スポンサーリンク

Hey!Say!JUMPファンのマナー問題

5月19日追記 マナーが改善されなかった結果

Hey!Say!JUMPコンサートの中止を発表!ファンマナーが改善せずデビュー以来のアリーナツアー記録が途絶える
ジャニーズ事務所は5月19日、Hey!Say!JUMPのアリーナツアー中止を突如発表した。
ニュース
スポンサーリンク
シェアする
スマジョ | ジャニーズランキングを投票中