スポンサーリンク

花のち晴れのキスシーンの場所に驚きの声。実は嵐の聖地だった

5月22日に放送された「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系)の第6話。

この日、大きな話題になったのは主演する杉咲花と俳優の中川大志のキスシーンだ。

この日の放送では親が決めた婚約者である天馬(中川大志)と付き合うことになった音(杉咲花)が遊園地で、晴(平野紫耀)とメグリン(飯豊まりえ)と遭遇し、Wデートに。

デート中、晴を気にする音に嫉妬した天馬。帰り道、冷たい口調で怒った天馬に音は謝り、その場を去る。晴に告白のようなことをされていた音は晴に気持ちには応えられないことを伝えに行った。

その後、天馬と再開した音は謝ろうとするが、天馬が言い終わらないうちに抱きしめてキスをした。

この日の放送は直後からTwitterでこのキスシーンが大きな話題となったが、すぐに特定されたのはそのシーンの場所。

アニヴェルセル東京ベイという結婚式場がロケ地なのだが、「花より男子」(TBS)の主題歌で嵐の楽曲「Love so sweet」のPVのロケを行ったり、二宮和也のJCBのCMでもロケをした場所だ。

tokyobay

画像はアニヴェルセル東京ベイ公式HPより

場所は東京・お台場の国際展示場正門駅の近く。

サイトのHPによると、「大聖堂を中心に広がるウェディングヴィレッジはまさにヨーロッパの街並みそのもの。大聖堂の大階段からは、広々とした噴水広場が見え、開放感のある気持ちが良い眺めが印象的です。祝福の街、ウェディングヴィレッジでは、街中がおふたりを祝福してくれます。」という。

花のち晴れと花より男子の共通の聖地は恵比寿ガーデンプレイスが有名だが、新たな聖地の登場。

ドラマのファンが結婚式場として利用することも増えるかもしれない。

スポンサーリンク

共通の聖地に喜びの声

ニュース
スポンサーリンク
シェアする
スマジョ | ジャニーズランキングを投票中