スポンサーリンク

KinKi Kids堂本剛、耳の次は喉の異常を告白!?ラジオ番組で状況を説明

7月2日24時すぎから放送されたKinKi Kidsがパーソナリティを務めるラジオ番組「KinKi Kidsどんなもんヤ!」(文化放送)に堂本剛が出演。

番組冒頭から小さい声で話す剛だったが、リスナーのメッセージを読み上げる前にいきなり喉の異常について告白した。

「若干喉がですね、急に6日くらい前ですかね、イガイガしてまして。イガイガするなって思って、別のラジオとかやってる時にイガイガしてきたんで、空咳したんですよ。そしたら今、これ声出てるほうなんですけど、全く声が変わってしまって。カッスカスになって」と異変が起きたときの状況について明かし、しばらく声があまり出ない状況にまでなっていたようだ。

次の日に病院に行った剛は「鼻からカメラ入れて声帯を見るんですけど、かさぶた切れたんですかね。かさぶたができてそれが悪さしてるからとりあえずステロイド打って、48時間喋らないほうが早く治りますって言われても…。仕事あるし」と本来ならもっと早く治ったかもしれないものの、仕事の関係上喋らざるを得ず症状が長引いているようだ。

「ようやくちょっと声が出てきてる感じなんですけど、ここで焦るとぶり返したらもっと迷惑かかるんで、ちょっとお聞き苦しい部分があるかもしれませんが、ご了承ください」とこの話を締め、リスナーからのメッセージを読み上げていった。

この日の放送は終始、声が小さくかすれていた剛。

昨年には突発性難聴を告白。また半月板損傷の影響から、高度なダンスは封印していることも明かしている。

ジャニーズ歌唱力選抜総選挙でも毎年1位争いを繰り広げる剛だが、その美声の保持のためにも、何より健康のために無理をしないでほしいものだ。

スポンサーリンク

堂本剛が喉の異常を告白

ニュース
スポンサーリンク
シェアする
スマジョ | ジャニーズランキングを投票中