嵐コンサート「アラフェス」のJr.出演不満問題、櫻井翔の言葉の力で収束の兆し!?公式ブログ「オトノハ」が話題

スポンサーリンク

10月15日、嵐の櫻井翔が公式ブログ「オトノハ」を更新。

そこで11月3日に国立競技場で行う無観客配信ライブ「アラフェス 2020 at 国立競技場」について語り、ある騒動が収束しつつある。

ある騒動とはアラフェスへのジャニーズJr.の参加発表。ブログ更新の前日14日には人気ジャニーズJr.のユニット「美 少年」の出演決定が発表され、嵐のファンからは活動休止前最後となるだけに「Jr.いらない」「アラフェスは5人だけがよかった」などと批判的な声が相次いだ。

この騒動を把握していたのか、櫻井は2008年の初めての国立競技場公演が忘れられない記憶だとして、その景色をステージに立たない限り見ることが出来ないとオトノハに投稿。

そして「1人でも多くの後輩に、【いまの嵐のステージ】を記憶しておいてもらいたいと強く願っています。」と綴った。

この一言が嵐ファンの間で拡散され、Jr.の参加を歓迎する声が広がっているようだ。

将来、政治家への転身も噂される櫻井翔。もし本当にそうなれば、この言葉の力強さは武器となりそうだ。

話題となっている様子を見てみよう。

スポンサーリンク

櫻井翔「オトノハ」が感動を呼ぶ