嵐・大野智に「無責任では?」と質問した記者が大炎上!?櫻井翔と二宮和也が怒りの反論

スポンサーリンク

1月27日に突然発表された嵐の2020年末での活動休止。同日20時からメンバーの記者会見が行われ、その模様は22時から放送された「Mr.サンデー」(フジテレビ系)でも長い時間流された。

そこで記者からのある質問が波紋を呼んでいる。

質問した記者は「やっぱり無責任じゃないかという指摘もあると思う」と批判的な質問をメンバーにぶつけた。

すると櫻井翔がこわばった表情でマイクを取り出し、「無責任かというご指摘に関しまして我々からの誠意はおよそ2年近くの期間をかけて感謝の思いを伝えていく期間を設定した、これは我々の誠意です。」と反論。

続けて「それが届くようにこれからもたくさんの言葉をお伝えし、たくさんのパフォーマンスを見てもらい、その姿勢と行動をもって、それは果たして無責任かどうかというのを判断していただければと思っています」と終始、文字通り眉をしかめて回答した。

さらに続けて同じ記者は「大野さんがこの決断の矢面に立つというか、悪者にされる可能性もあると思うんですけども、他のメンバーの方がこの決断をしたときに、『大野さんが言ったから』というので決めたというのではなくて、自分の中でも実はちょっと区切りをつけたかったということはないんでしょうか?」と追求。

この質問の際に、櫻井は怒りを抑えるかのように、わかりやすく大きく肩で息をし、眉間にシワを寄せてまわりをキョロキョロ。落ち着きのない様子を見せた。

そこで二宮和也が「僕はなかったです。リーダーのせいでこうなったとは同じくらいゼロに感じてます。」と反論。

その理由を「徹底的に話し合って、みんなで共有して決断をするので、もしそうやってリーダーが矢面に立って、リーダーが悪者になって見えているのであれば、我々の力不足だと思います。」と質問を一蹴した。

記者会見後、ジャニーズファンで知られる日本テレビの青木源太アナウンサーはTwitterでこの質問に悔しさを吐露。

「今夜は初めて愚痴を言わせてください。無責任という言葉が会見で出ましたが、それはさすがに違うかと。あの場にいてとても悔しくて悔しくて。」と、この質問には我慢の限界を超えていたようだ。

そして日本テレビでは「Going! Sports&News」にKAT-TUN亀梨和也が出演。この質問に反論するかのように、会見に対して「誠実さを感じた。こういった決断を出来る5人でしたという嵐のすごさを感じました。」とコメントしていた。

スポンサーリンク

大野智に記者「無責任」

磁石=櫻井翔と二宮和也の2人のコンビの愛称

嵐の2019年コンサート申込みは1/28から 情報はコチラ

嵐コンサート「5×20」and more 2019年チケット申込み詳細発表!
嵐のデビュー20周年記念ツアー「ARASHI Anniversary Tour 5×20」and moreの2019年のチケット申込み詳細が発表された。