スポンサーリンク

嵐コンサート「5×20」当落の混乱原因!?「既存優先」「FCのみんな1回は入れると思うから」

嵐の20周年記念ツアー「ARASHI Anniversary Tour 5×20」and moreの2019年のチケット当落でファンが荒れている。

今回のコンサートは抽選数が多いこともあり、会員番号ごとに抽選結果が2回にわけて案内されており、【末尾0〜4】は3月1日に既にあり、【末尾5〜9】は3月13日が予定されている。

日本で最もライブチケットが当たりにくいと言われている嵐。今回のツアーは全50公演・総動員数237万5,000人となり、これまでツアーとして最大だった三代目J Soul Brothersの48公演、180万人を超え史上最大規模だ。

2020年末で活動休止となる嵐と事務所がこれまでコンサートに来れなかったファンに一度は来れるようになんとかドーム会場を確保したのはわかる。

昨年7月にツアーを発表した際に松本潤は「一人でも多くのファンに観て頂けるようにするため、嵐史上、最大規模のツアーを行います!」と宣言。

そして問題なのは昨年12月に「and more」とされていた追加公演を発表した際に松本潤が「FCのみんな1回は入れると思うから!」とまで発言したという。しかしこのセリフの真偽は不明。Twitterなどで拡散したセリフではあるが、インパクトのある発言なのに大手メディアは報じていない。

それどころか隣にいた櫻井翔は「1回のツアーで、ファンの方全員に見ていただくのは難しい。1人でも多くの人に見ていただけるように」と説明したとサンケイスポーツでは伝えており、矛盾が生じる。

また誤算なのはこの時点で230万のFC会員数が現時点までに280万人と急増しているのだ。

ただ何年も嵐のコンサートのチケットが当たっていない既存会員が期待したのは公式サイトで「ファンクラブ入会予定(手続き中)のみなさまへ」と記載されたページの文言。

そこには「コンサートの受付期間の最終日までに、会員番号が発行されていれば、お申込みいただけます。」と書いてあったものの、「なお、抽選につきましては、既にご入会されている方を優先とさせていただく予定です。」と記載があった。

この文言がSNS上で広まった真偽不明の「FCのみんな1回は入れると思う」という発言と合わさり、期待が高まっていた。

しかし蓋を開けてみれば、SNS上で「新規会員だけど当選した」「昨年も当選したけど今年も当選した」という声が大きく拡散。

最も荒れているのは期待しただけに「昨年も落選したのに、今年も落選した」という既存ファンはショックが大きい。

複数のファンの検証によると、既存会員の当選確率が高いようではある。

しかし「優先」という言葉が曖昧だったために、やるせない気持ちとなったファンが多いのだろう。

長年のファンを大事にするなら”既存で昨年行けなかった会員”は最優先で当選させ、次に”既存で昨年行けた会員”や”新規の会員”とすればよかっただろうが、ファンの声によるとそういうロジックにはなっていない可能性もある。

せめて復活当選は「既存で昨年行けなかった会員」を最優先にしてもらいたいものだ。

復活当選の数だが、おそらく過去最大と想定される転売チケットの規制強化や本人確認強化により、これまで以上に期待はできる。

もちろん開催日・場所の集中の問題もあるため、全員の救済は難しいだろうが、どこまで施策が打てるのだろうか。

今後のチケット動向に注目したい。

スポンサーリンク

嵐のチケット当落にファンは

今後の日程はコチラ

嵐コンサート「5×20」and more 2019年ドームツアー日程・チケット申込・倍率など詳細まとめ
嵐のデビュー20周年記念ツアー「ARASHI Anniversary Tour 5×20」。2019年に行われる予定で当初未発表だった「and more」の内容の詳細をまとめた。
コンサート情報
スポンサーリンク
シェアする
スマジョ | ジャニーズランキングを投票中